リネンプリントの世界      神奈川県

イギリスのノスタルジックなプリント

リネンやコットンのカーテンには、その素材が持つ潜在的なあたたかさがあります。

リビングにはノスタルジックな雰囲気が漂う、小鳥とお花のプリントをシェードにしました。
2台のシェードの右側には小鳥の柄、左側はお花の柄と、わざと別々の柄で同じトーンの生地を組み合わせたことにより、平らなシェードがキャンバスのようになって、まるで2枚の絵画が飾られたように見えます。

紫がかった茶色がアンティークにも見え、まわりの雑貨と共にお部屋のインテリアに溶け込むようです。


また今回初チャレンジとなったのが、ダブルシェードのレース2枚重ねです。
通常ダブルシェードはドレープとレースという2枚の組み合わせです。
レース2枚にすることによって、光をたっぷり取り入れつつ、モアレを作って外からの視界を遮ることができます。

色違いの麻100%のレース、スカイブルー色xクリーム色の組み合わせをお選びいただきました。
作業机がすぐ下に配置される予定のため、窓枠にすっきり納めることにしました。

鳥のプリントの麻100%のカーテンは、お部屋を森に変えてしまうマジックを持っています。
グリーンやパープルの木の実の柄がそう感じさせるんですね!

漆喰や無垢のフローリングなど自然素材のインテリアに溶け込むリネン生地

また違うお部屋には、ピンク系の鳥の柄とストライプのカーテンのコンビネーション。
このように掃出し窓と腰高窓の柄を変えると、個性的で楽しい空間になります。

エントランスホールの小窓には、アイアンレールにベルベットリボンをあしらった2重のリネンレースカーテンをオーダーメイドさせていただきました。
ふんわりあたたかいクリーム色が心を和ませてくれます。

レースは壁と同化するお色でもあり、レールもまわりの木の色にあう黄金色のものを。

お客様の声

今回カーテンを選びながら、自分は何を大切にして暮らしていきたいかということを
再発見する機会をいただきました。そしてそれは自分と出会い直す旅のようでした。
リネンのレースのカーテン全体に言えることですが、
肌触りがとても繊細で心地よいことにも驚きました。やはり綿や麻のカーテンは、生きて呼吸をしているように感じられて中で過ごす私たちも心地よいですね。
また小鳥のプリント柄は、小さい頃に聴いた鳥のさえずりを思い出し、懐かしく感じます。

スタッフのコメント

コーディネーターにとっては一度の出会い、一度のお仕事ですが、お客様にとっては長く住まわれるお家に毎日見て触れるインテリア。日々の暮らしが楽しくなるようなカーテンの提案をいつも心がけていきたいと思います。
鳥柄の麻のプリントはイギリスからとりよせた珍しい生地です。このような個性的なプリント柄をたくさんご用意しています。

Copyright © Luz stilo .All rights reserved.